SD Rの強み

マーケティングに精通した説明員による商品説明

ディスプレイとPOPで訴求を出し分けながら、どのような順番で訴求すれば、商品の価値が短時間で伝わり、購入されるか改善を繰り返します。市場調査からコミュニケーション施策まで徹底的な分析を行い、そのtipsを蓄積共有することでハイレベルな調査を行います。

Mixed Tracking Approach

これまで取得することのできなかった、実店舗における非購買層のデータや、購入検討時のデータ取得を行います。新商品のテスト販売や、商品の顧客層拡大の戦略立案に有効なデータ取得を実現し、商品の価値を顧客層ごとに伝え分けていく分析の元となるデータを取得することができるようになります。

一般生活者からのフラットな視点でのフィードバック

商品の事実特徴から、顧客に商品を選びとってもらうための提案を行い、顧客の反応を取得。その後、ライフスタイルの深堀りと価値提案を行なっています。また、SD R販売員は、商品を無理に購入させるセールストークはしておりません。

Our Mission
商品開発の失敗をゼロにする

市場に新たな商品が導入されては、消えて行く。そんな失敗をSD Rはゼロにします。販売時に取得する定量・定性データを共有することで、商品開発の示唆、顧客が見出した商品の価値、そして、潜在顧客に伝わるコミュニケーションを発想することが可能になります。

work03
work06

01:約1万人に対する商品露出

商品を展示する恵比寿ガーデンプレイスでは、2週間の商品を展示によって、約1万人に商品を知覚してもらうことができる。(実証実験済み)

02:信憑性の高い生活者のフィードバック

現状の商品コンセプトや訴求に対して、事前に調査が行われる前提ではなく、いつも通りの生活をしている生活者からバイアスの少ないフィードバックをもらうことができる。

03:想定顧客から得られる本音

商品の想定顧客から、現状の商品の機能やデザイン、仕様などを評価してもらうことで、想定顧客に価値が伝わっている部分と、改善すべき点が明らかになる。

04:潜在顧客の発見

商品開発や商品販売戦略上、商品自体を認知していなかった生活者が商品を評価したり、自社でも想定していなかった価値を見出す顧客を発見することができる。

1 The year that began
1 Number of appeals / Two weeks
1 Projects Done

実績のご紹介

数多くのヒアリング調査・データ分析を行いその商品の価値を潜在顧客に提案できるようになったことで、食品・雑貨・家電など、多ジャンルでの購入促進を確認できています。また、現在までに15,000円の商品でも購入されることも確認されています。

work

EXAMPLE: レトルト食品

ヴィーガンフードとして開発された大豆原料の代替肉。ヴィーガンにも対応しているサステナビリティを訴求(先方作成)

  • 立ち止まるのは、新しい物好きのビジネスパーソンばかり。
  • ヴィーガンに反応するも、自分のために購入はしない。
  • 生活動線上の想定利用シーンが掴みにくい。
work

POPで顧客が興味を持ったポイントを特定し、牛・豚・鶏にはない価値を訴求

説明員のヒアリング調査より得られたデータから、顧客の深層心理を分析し食物繊維が摂れる第四のお肉として認識させるPOPに変更

訴求を改善した翌日以降、販売数が急増

ヴィーガン向けではなく、新たなお肉として認識されたことで購入数が前日の3つから3倍以上に伸びる

スーパーで月販2個の商品を展示期間中に42個/2週間で販売することに成功

購入数の増加という確かなエビデンスによって、クライアント様の商品訴求もこちらに変更していたけることに

お客様の声

「ディスプレイを見てなんだろうと思って立ち寄ってみました。説明を実際に受けてみると、パッと見では分からない機能があって購入しようと思いました!」

ストアに通りかかった主婦の方

「このショールーミングストアって、お店と違って展示商品が絞ってあるから、その商品のみに注目できますよね。実際に手にとってじっくり見れるので購入検討がしやすいです !」

恵比寿近辺のオフィスワーカーの方

「こちらのブランドの商品は長年愛用しています。私たちの要望をそのまま商品に反映させてくれるのは、とても嬉しいです。」

よく恵比寿に足を運ぶシニアの方

お問い合わせ

SD Rへの商品展示依頼、ショールーミングストア出店依頼、SD Rへの転職の希望等は下記よりご連絡ください。問い合わせフォームにて、サービス紹介資料をご案内しています。
■■セールスや宣伝でのご連絡はご遠慮頂いております■■